HOME >発達障害

発達障害

Ⅰ発達障害の診断について

A. 広汎性発達障害(PDD)には…

以下の3つが含まれます。

  • 自閉症
  • アスペルガー症候群
  • 特定不能の広汎性発達障害

診断基準は
 ① 対人関係の障害
 ② コミュニケーションの障害
 ③ こだわり、あるいは想像力の障害  の3つです。

自閉症…①~③を全て満たす場合
アスペルガー症候群…①と③を満たすが、②の傾向はあまり甚だしくない
特定不能の広汎性発達障害…①~③の満たし方が不十分であるが、その傾向が強い場合

PDDは人口の1パーセントと言われていますが、傾向は誰にでもあり、特別な配慮が必要と考えられた場合、不適応行動がある場合に診断されます。

000000086.gif

B. 注意欠陥多動性障害(ADHD)

注意力の維持が困難で、多動になったり、気が散りやすかったり、ぼーっとしたりする症状を持ちます。

C. 発達性協調運動障害(DCE)

運動機能の不器用さが甚だしい状態です。

D. 学習障害(LD)

能力の割に特定分野の学習が身に付きにくい状態です。

AのPDDのうちの知的な遅れがないグループとBCD、を併せて、特に「軽度発達障害」と言います(軽度の知的障害を含める場合もあります)。