HOME >お知らせ >鼻水・鼻詰まり ホームケアのポイント

お知らせ

鼻水・鼻詰まり ホームケアのポイント (11/11/06)

鼻水・鼻詰まり ホームケアのポイント

鼻水・鼻詰まり ホームケアのポイント
 

*鼻吸い器は軽く何回かに分けて吸いましょう。
「炎症物質やばい菌を含む鼻水をためないようにする。」ことが大切です。  ママが口で吸うタイプの鼻吸い器は、途中に鼻汁がたまるようになっているので衛生的で便利です。使う時は、先端を鼻の入口に当て、赤ちゃんの鼻の頭を押し上げながら吸うとうまくいきます。軽く何回かに分けて吸い取りましよう。
*鼻の入口の鼻クソは綿棒で取りましょう
 頭を固定して手早く。奥まで綿棒を入れると、鼻粘膜を傷つける心配があるので、無理をしないようにしましょう。
*鼻水は、柔らかいガーゼなどを湿らせて、軽く拭き取ってあげます。
*空気が乾燥すると、粘膜も乾いて鼻詰まりが起きやすくなります。加湿器などで湿度を保ちましよう。
*鼻水がタラタラ出ていると、鼻の下が荒れて真っ赤になることがあります。また、鼻水を拭き取る刺激も肌を荒らす原因に。皮膚を保護するクリームやベビーオイルを薄くつけてあげましよう。