HOME >お知らせ >ダニ対策(日本アレルギー学会 市民公開講座より)

お知らせ

ダニ対策(日本アレルギー学会 市民公開講座より) (20/06/02)

ダニに対する感作について
*ダニ感作は、ダニに対する反応が健常人よりも敏感になる素質があることを意味する。 *気管支喘息患者の中で、成人では6割以上、小児では8割以上が、ダニに感作されている。 *ダニ感作は、アレルギー疾患発症の前段階と言える。 *ダニ感作は、生後数か月の間に成立する。 *気管支喘息をはじめとするアレルギー疾患発症予防の理想は、出生直後から、ダニ対策を中心とする環境整備を行うことである。
ダニアレルゲン対策(1)
*ダニアレルゲン対策の時期としては、出生直後から行う。 *ダニアレルゲン対策の場所の順番は、まず寝具、次に寝室と居間のじゅうたん、ゴザそして畳を行う。 *寝具対策は、まず布団カバーを最低週1回以上丸洗いする。布団は週1回以上天日干しし、その後布団表面を家庭用掃除機で1㎡あたり
​ ​

電話番号
メール
車アイコン